​概要

一般社団法人 持続可能なサプライチェーン研究所(通称:ジゾ研)は、持続可能な社会を築くには、生産者から消費者までサプライチェーン上の

全関係者を巻き込む必要があるという信念のもと、主に以下の活動を行っています。

  • セミナー等のイベントを通した啓発活動

  • 企業へのコンサルティング活動(持続可能なサプライヤー紹介等)

​資料

ソリダリダード・ジャパン設立記念
「持続可能な国際商品サプライチェーン」ウェビナーシリーズ

『変化は一人じゃ起こせない~パートナーシップづくりの挑戦~』

 持続可能なサプライチェーン研究所と一ソリダリダード・ジャパンの共催により、

2020年9月から2021年2月に連続ウェビナーを開催しました。

講演録画と講演資料をご覧いただけます。
 

活動履歴

L1003154.jpg

セミナー「企業とNGOの連携によるサプライチェーンの変革」

2019年11月22日(金)ベルサール新宿グランドコンファレンスセンターにて当団体と国際NGOソリダリダード・ネットワークの共催により、「企業とNGOの連携によるサプライチェーンの変革」セミナーを開催しました。

20190917_202155.jpg

セミナー「Raising the ceiling or the floor?」

2019年9月17日、聖心女子大学グローバル共生研究所にて国際開発学会の「社会連携委員会」と「開発ビジネス研究部会」共催による「パームオイルの持続可能なサプライチェーン」セミナーが開催され、当研究所代表理事の吉田が発表を行いました。

主要スタッフ

吉田 秀美 / Hidemi Yoshida

代表理事 /President

法政大学人間環境学部特任講師
主にインドやインドネシアをフィールドにして、農民の生計向上に貢献する企業活動を研究しています。

橘 まき / Maki Tachibana

理事 事務局長 / General Manager

立命館大学大学院国際関係研究科修了

ザンビア・ウガンダ等での国際協力業務の後、JICA民間連携事業に従事

SDGsの中でビジネスの果たす役割に興味を持つ。     

現在、鹿児島県妙見温泉で高齢化の進む温泉旅館の立て直しに奮闘中。  

開湯100年越・従業員平均年齢80歳の湯治場で、新しいことを日々学び、地域の文化や風習の面白さを改めて実感しています。

池﨑 一清 / Issei Ikezaki

理事 企業サービス担当 / Director of Cooperate Services

慶應義塾大学法学部政治学科卒
13年間外資系コンサルティング会社で国内企業の海外進出(M&A・JV等)を支援した後に独立
現在は京都を拠点とし、「持続可能な食」と「アート」を主なテーマに国内外で活動中

久保田 利恵子 / Rieko Kubota

理事 調査・研究担当 / Director of Research

トリノ大学政治学研究科修士課程修了
現在東京大学新領域創成科学研究科博士後期課程在学中

JICA→ベンチャー企業→UNESCO→国の研究機関でアジアの環境問題研究に従事


東南アジア地域で環境分野の仕事に従事しています。

すべての人が成長や学びの機会を得られる社会を目指して、社会の日の当たりにくい問題に日を当てることが自分の使命と感じています。

持続可能なサプライチェーンにおいては、流通・小売業の役割に関心を持ち、コンビニエンスストアや標準化・認証制度の研究などを行ってきました。

お問い合わせ

送信が完了しました。